ジョブコーチとは

ジョブコーチを知っていますか?

「ジョブコーチ」という名称を聞いたことがありますか?「ジョブコーチ」は、職場に出向き、障害のある方が一般の職場で労働者として働くのを助ける仕事です。

新しい職に就く時には、仕事を覚えられるかどうか、職場での人間関係が上手くいくかなど、心配事が多いですよね。そのような場合に障害者と職場の双方の橋渡しの役割を担ってくれます。

具体的には、障害者本人に対しては仕事をどのようにこなしていけばいいのかという提案や、出勤が安定するように生活リズムの見直しや通勤に対してのアドバイスなどを行います。

また、職場に対しては障害者本人ができる仕事とできない仕事を見極めて、どのような業務を担当してもらえばよいかを提案したり、業務の指導方法や、本人とどのように関わっていけばよいかをアドバイスするなど、社内で障害への理解を深めてもらえるよう支援します。

支援期間1~8か月(標準は2~4か月)終了後は必要なフォローアップを行います。


ジョブコーチとは?

ジョブコーチとは、「職場適応援助者」の別称で、障がい者が一般の職場で就労するにあたり、障がい者・事業主および当該障がい者の家族に対して障がい者の職場適応に向けたきめ細かな人的支援を提供する専門職を指します。2002年(平成14年)に厚生労働省が創設した「ジョブコーチ支援制度」によって導入されました。障がい者が円滑に就労できるように職場内外の支援環境を整え、障がい者の雇用の促進および職業の安定に資することがジョブコーチ支援の一番の大きな目的です

デジタル大辞泉より  https://daijisen.jp/digital/
(引用)厚生労働省ホームページより

一般社団法人和乃絆は、障害や難病のある方の就労支援を行っています。 就労移行支援事業所マイパレット 、就労定着サポート室あしたば 、自立支援教室ひだまりカフェの運営をしています。障害や難病があっても当たり前に働くことができる地域を目指して奮闘しています。地域に開放した事業所内の図書室きずなライブラリーでは、まちライブラリーとおもちゃ図書館をやっています。

シェアする